ブログ|肉にも旬がある? | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

肉にも旬がある? | 西麻布 けんしろう

2018.03.28

こんにちは、西麻布 けんしろう店PR担当です。

春夏秋冬を体感できる日本ですが、目で見て楽しむ以外にも、舌で楽しむ季節感というものもあります。旬の食材といえば、野菜や魚を思い浮かべますね。今ではハウスものの野菜も多く、年中食せる野菜もありますが、それでも旬のみずみずしさは格別です。そして実はお肉にも旬があるってご存知でしたか?

 

【一番美味しい部分だけ】

当店は牛肉に精通したオーナーシェフ岩崎健志郎が提案する、新しい焼肉店です。お肉は赤身を中心に、その時期に美味しいものをオーナー自ら出向いて厳選、全国から仕入れています。最上のお肉を味わっていただきたいから、生産者との信頼関係も築いているからできること。

お肉の美味しさの基準は、舌に乗せた瞬間に脂が溶け始める「肉の融点」。そうした良質の肉を生み出す澄み切った新鮮な空気と良質な水、大自然に囲まれた環境だからこそ、長期間ゆったりと育てた牛を育てることができます。その中でも一番美味しい箇所だけをご提供。圧倒的な「肉眼力」を体感してください。

 

【尾崎牛とは】

全国各地から仕入れを行なっている当店ですが、中でもレアなのが「尾崎牛」です。月に30頭しか出荷されない希少性と、旨みのある「赤身」が他の牛では味わえません。噛みしめるたびに旨みが口の中に広がる赤身は、硬くなくすっきりとした後味が魅力的。脂の融点が低いため、どれだけ食べても胃にもたれくいのも特徴。美味しいものは、食べた後すら満足度を高め続けるのです。ここでしか味わえない「肉の最上料理」をぜひご堪能ください!

 

 

当店は西麻布で究極の和牛、幻の「尾崎牛」を食すことの出来る希少なお店です。

西麻布けんしろうでは月に30頭をこえないといわれる幻の和牛「尾崎牛」を堪能できます。
牛肉に精通したオーナーシェフ「岩崎健志郎」が鮮度にこだわった全国の和牛・希少部位・こだわりの野菜を使用し、
その時どきの旬で美味しい食材を創作料理にかえてお客様にお届けいたします。

一切の煩わしさ無しに、最高の肉の味を堪能して欲しい。
その一心で「けんしろう」は西麻布の地に誕生しました。
ぜひ、世相を忘れて雲上のひとときをお楽しみください。

電話番号:050-5269-7022

以上、西麻布 けんしろう店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

アクセス|肉にも旬がある? | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

- 住所 -
〒106-0031
東京都港区西麻布4-2-2
Barbizon92 1F

- 交通手段 -
東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩10分
広尾駅から743m

- 営業時間 -

- 定休日 -
日曜日
※祝前日の場合は営業致します。 連休最終日にお休みを頂きます。
9月16日、23日(日)は営業致します。 9月17日、24日(月)はお休みを頂きます。

Facebook Instagram 食べログ ヒトサラ
page top