ブログ|ザ・ベスト・オブ・和牛「尾崎牛」 | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

ザ・ベスト・オブ・和牛「尾崎牛」 | 西麻布 けんしろう

2018.09.12

こんにちは、西麻布 けんしろう店PR担当です。

 

西麻布 けんしろうだからこそ味わえる、最高の和牛といわれる「尾崎牛」。あまり聞かない名前かもしれません。普通は宮崎牛のように地名をつけて名付けますから確かに珍しいですね。少しご説明しましょう。

 

パリの三ツ星レストランからも注文がくる

最高の和牛といわれ、日本の一流店だけではなく世界からも注目され、パリからも注文が来る和牛です。この牛を育てている尾崎氏いわく「ワインだって作り手の名前が記されています。生産地名がブランド名になるのは作り手として無責任です」ということで「尾崎牛」となりました。参考までに産地は宮崎、ファームジャーニーからです。

 

ファームジャーニーの抜群の環境

5ヘクタールの敷地に1400頭が飼育されているファームジャーニーでは、カルキ臭を嫌って水道水を飲まない牛たちのために自然な湧き水を飲ませています。飼料である牧草も、宮崎という地の汚染物質の少ない恵みの雨で育っています。

 

エサ作りには20年!

ビールのしぼりかす、トウモロコシ、きなこ、アルギニン酸、海藻粉末などを毎日ブレンドしています。毎日同じ時間に新鮮なできたてのエサを与える。このことで抗生物質や防腐剤を使わず育てることができます。さらに驚くのは、尾崎氏は毎日レストランに足を運び自分の舌で肉の味を確かめているということ。どんな肉がどんな方に好まれるのかの研究も怠らない真摯な姿勢です。

 

当店は西麻布で究極の和牛、幻の「尾崎牛」を食すことの出来る希少なお店です。

西麻布けんしろうでは月に30頭をこえないといわれる幻の和牛「尾崎牛」を堪能できます。
牛肉に精通したオーナーシェフ「岩崎健志郎」が鮮度にこだわった全国の和牛・希少部位・こだわりの野菜を使用し、
その時どきの旬で美味しい食材を創作料理にかえてお客様にお届けいたします。

一切の煩わしさ無しに、最高の肉の味を堪能して欲しい。
その一心で「けんしろう」は西麻布の地に誕生しました。
ぜひ、世相を忘れて雲上のひとときをお楽しみください。

電話番号:050-5269-7022

以上、西麻布 けんしろう店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

アクセス|ザ・ベスト・オブ・和牛「尾崎牛」 | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

- 住所 -
〒106-0031
東京都港区西麻布4-2-2
Barbizon92 1F

- 交通手段 -
東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩10分
広尾駅から743m

- 営業時間 -

- 定休日 -
日曜日
※祝前日の場合は営業致します。 連休最終日にお休みを頂きます。
9月16日、23日(日)は営業致します。 9月17日、24日(月)はお休みを頂きます。

Facebook Instagram 食べログ ヒトサラ
page top