ブログ|「名物!けんしろう焼き」はどんなお料理? | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

「名物!けんしろう焼き」はどんなお料理? | 西麻布 けんしろう

2019.08.14

こんにちは、西麻布 けんしろう店PR担当です。

当店には、看板メニューと呼べる人気のお料理がたくさんございます。なかでもメディアなどで取り上げられることが多く、人気があるお料理はといえば「名物!けんしろう焼き」。どのようなお料理なのか、詳しくご紹介します。

 

おいしさの秘密は低温調理

低温調理という調理法をご存じでしょうか。低温調理はその名の通り、低い温度で時間をかけてお肉を加熱するというものです。しっかりと中まで火が通っているのに、しっとりと柔らかという魔法のような調理法。温度と時間の管理には高い技術が問われます。

けんしろう焼きで使用するお肉は、一度低温調理を施します。特別感のある食感は、この調理法の賜物です。

 

桜チップで瞬間燻製

お肉の表面だけに瞬間的に火を入れる瞬間燻製。けんしろう焼きは、桜チップを使用して燻製します。桜チップはとっても良い香りが楽しめるため、燻製にとても向いています。

良い香りを最大限に感じていただくために、当店ではフタをしてお席までお持ちし、お客さまの目の前でフタを開けさせていただきます。フタを取った瞬間の、ふわっと漂う良い香りを存分にお楽しみくださいね。

 

柔らかく、旨みが濃く、香り高い

西麻布けんしろう コンセプト

「名物!けんしろう焼き」は、柔らかでお肉の旨みがギュッと閉じ込められているため、かむほどに味わい深く、そして香り高いのが特徴です。「これまで食べたどんなお肉よりもおいしい」そんな感動を味わっていただけるのではないでしょうか。当店にお越しいただいた際には、ぜひともお召し上がりいただき料理のうちの1つです。

 

当店は西麻布で究極の和牛、幻の「尾崎牛」を食すことの出来る希少なお店です。

西麻布けんしろうでは月に30頭をこえないといわれる幻の和牛「尾崎牛」をご堪能いただけます。
牛肉に精通したオーナーシェフ「岩崎健志郎」が鮮度にこだわった全国の和牛・希少部位、こだわりの野菜を使用し、
そのときどきの旬で美味しい食材を創作料理にかえてお客様に提供しております。

一切のわずらわしさ無しに、最高の肉の味を堪能して欲しい。
その思いで「けんしろう」は西麻布の地に誕生しました。
ぜひ、日常を忘れて格別なひとときをお過ごしください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

電話番号:050-5269-7022

ネット予約はこちら

以上、西麻布 けんしろう店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

アクセス|「名物!けんしろう焼き」はどんなお料理? | 西麻布 けんしろう | 西麻布の焼肉 けんしろう(西麻布/焼肉)

- 住所 -
〒106-0031
東京都港区西麻布4-2-2
Barbizon92 1F

- 交通手段 -
東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩10分
広尾駅から743m

- 営業時間 -

- 定休日 -
日曜日
※祝前日の場合は営業致します。 連休最終日にお休みを頂きます。
9月16日、23日(日)は営業致します。 9月17日、24日(月)はお休みを頂きます。

Facebook Instagram 食べログ ヒトサラ
page top